☆負けない!「半」失業生活☆

突然の急病に休職中の「のりお(私)」。今後の収入は??書類一つに奔走し、酒・タバコは控え、腹が空けば生野菜をかじる。でも決して悲観せず、せめて笑って暮らす(したい)。そんな今ガチリアルな失業ビギナーの七転八倒を面白ろ可笑しく曝し、心豊かな生活を取り戻したい!そんな日々を綴ります。そして、抱える児相問題、副業ネタも。。。

「鬱」と思へば

こんな深夜に、いつものように眠りに付けず、ブログを書きます。
 

 「そもそも自分は本当に『鬱病なのか??』」

 などと、毎日考えます。  


 これは自己否定でもなく、鬱病非難でもなく。


 例えば、

 風邪を患えば咳も出るし、熱も出る。
 骨折でもすれば、痛みもあるだろうし、腫れもするでしょう。


 でも、「鬱病」= …
 結果、「諸症状」で纏めてしまう。


 「睡眠障害(これ書いてる今まさに)」
 「無気力」
 「自己嫌悪」

 「鬱病」に結びつけてるだけなんだろうか、と。


 鬱病だからそうなのか?
 症状の経過、鬱病となったのか?

 
 わからないままです。

 
 平日日中を家で過ごし、仕事に行ってる様子もなくなった自分を、妻子共に居なくなり急に静かになった我が家を、近隣に住む人達はどう思ってるのか?
 
 3ヶ月前、児相に強制収用された長男はどうしてるのか?無事なのか?いつ逢えるのか?

 
 元来あまり人目を気にせず生きてきた自分が、そんなことを更に気にし始め、自分の無力さを責め始めてるのです。

 
 「今はゆっくりしたらいい」
 「鬱病は時間掛かるから」

 声掛けられる度、気が楽になる反面、また罪悪感と焦りとが込み上げてきます。


 働こうが休もうが1日24時間でキッチリ回ってるもんだから、時計を見る度、

 「何も出来ていない自分」
 「何もしていない自分」
 「昨日は?その前は?」

 その後悔と同時に明日への不安も増します。
 
 抜け出す術、不安を取り除く術を知ったならすぐそうするであろうに。




「児相問題」と闘っています!応援お願いします。
      ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村