☆負けない!「半」失業生活☆

突然の急病に休職中の「のりお(私)」。今後の収入は??書類一つに奔走し、酒・タバコは控え、腹が空けば生野菜をかじる。でも決して悲観せず、せめて笑って暮らす(したい)。そんな今ガチリアルな失業ビギナーの七転八倒を面白ろ可笑しく曝し、心豊かな生活を取り戻したい!そんな日々を綴ります。そして、抱える児相問題、副業ネタも。。。

『傷病手当金』って…なんじゃらほぃっ!?

『傷病手当金』について調べました。

全国健康保険協会(以下、『協会けんぽ』)によると…


" 病気やケガで仕事を休んだときは「傷病手当金」を受けられる"
病気やケガで会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会


 おぉー!!助かるー!!

 ん!?受給の条件は???


"業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること"


 例えば業務中のケガとかなら労災の扱いだから支給対象外だそう。


 また、

"仕事に就くことができないこと"

 この証明に医師の診察と診断書(療養の必要性)が必要です。


"連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと"
 
 仕事を休んだ日から連続して3日間を「待機」とし、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給。「待機」には、有給休暇、土日・祝日等の公休日も含まれるそう。


"休業した期間について給与の支払いがないこと"

 業務外の病気やケガによる休業期間について生活保障を行う制度のため、給与が支払われている間は、傷病手当金は支給されないそう。でも、給与の支払いがあっても、傷病手当金の額よりも少ない場合は、その差額が支給されるようです。



 待機期間があるのは失業保険の給付にも見られますし、民間の健康保険の入院・通院に対する支給条件にも見られますが、ここでは単に「虚病による受給の防止」のためだそうです。


長くなったので…
つづく…