☆負けない!「半」失業生活☆

突然の急病に休職中の「のりお(私)」。今後の収入は??書類一つに奔走し、酒・タバコは控え、腹が空けば生野菜をかじる。でも決して悲観せず、せめて笑って暮らす(したい)。そんな今ガチリアルな失業ビギナーの七転八倒を面白ろ可笑しく曝し、心豊かな生活を取り戻したい!そんな日々を綴ります。そして、抱える児相問題、副業ネタも。。。

就業不能~私は実は鬱だった①~

 やっとマトモに診察してくれそうな病院が見つかり、予約した通り18時に到着。
 待合室には他二人程。
 決して新しい病院ではありませんでしたが、清潔感もあり安心しました。


 受付を済ませ、30分程度待つと私の番です。
 一室しかないと思われる診察室のドアを軽くノックし入室すると、そこは…

 デスクを囲むように積まれた書類の山々!!!

 えっ!?診察室?ここ???


 60代半ばくらいか、決してお医者さんとは見えない(←失礼)男性医師が快く迎えてくれました。

 そこから問診。
 ここ最近の体調不良、身体の異変、家庭のこと(また後程書きますが、妻・子と別居中デス)、仕事のこと…

 私の話を一度も遮ることなく、カルテを書きもってただただ頷きながら聞いてくれる。
 その間、20分程度だったでしょうか。

 一通り話尽くした私に、その医師は


 「あなたはね、『鬱病』だと思います」



 えっ!?

 ぇぇぇえーっ!!!???



 …つづく